Lesson 8 ユーザー・インタフェイス再び

6. よく出来ました

足りないものが一つだけあります。 インストールの後にアプリケーションを起動する方法です。 ここでは、チェックボックスの使い方と、チェックボックスの状態に従って決定を行う方法も示します。

ExitDlg

新しく追加されたダイアログはこのような外観です。

<Dialog Id="ExitDlg" Width="370" Height="270"
    Title="[ProductName] [Setup]" NoMinimize="yes">

Finish ボタンは二つの仕事を実行します。 第一に、ダイアログ自身を終了します (そして、それによって、インストーラ・パッケージ自身を終了します)。 第二に、ユーザーがそうすることを選んだ場合に、アプリケーションを起動します。

<Control Id="Finish" Type="PushButton"
      X="236" Y="243" Width="56" Height="17" 
      Default="yes" Cancel="yes"
      Text="[ButtonText_Finish]">
    <Publish Event="EndDialog" Value="Return">1</Publish>
    <Publish Event='DoAction' Value='LaunchFile'>
      (NOT Installed) AND (LAUNCHPRODUCT = 1)
    </Publish>
  </Control>
  ...

ダイアログ・ボックスの中のチェックボックス・コントロールは、初期設定値 (CheckBoxValue) と、チェックボックスの状態を読むために使われる関連づけられたプロパティ (LAUNCHPRODUCT) の両方を持ちます。

<Control Id="Launch" Type="CheckBox"
      X="135" Y="120" Width="150" Height="17"
      Property='LAUNCHPRODUCT' CheckBoxValue='1'>
    <Text>[ProductName] を起動する</Text>
  </Control>
  ...
</Dialog>

Finish ボタンによって発行されるアクションは既によく知っているカスタム・アクションです。 アプリケーションが走り続けてもインストーラが閉じることが出来るように、Return 属性を忘れないようにして下さい。

<CustomAction Id='LaunchFile' FileKey='HogeEXE' ExeCommand='' 
    Return="asyncNoWait" />

この終了ダイアログは、インストールが成功して完了した場合に表示されるようにスケジュールされます (詳細は次のセクションを見て下さい)。

<InstallUISequence>
  ...
  <Show Dialog="ExitDlg" OnExit="success" />
</InstallUISequence>

チェックボックスとプロパティがリンクされるのはイベントが発生する時、すなわちユーザーがチェックを入れたり外したりする時だけです。 初期状態では、ユーザーとの相互作用がまだ無いため、プロパティが Control タグで設定したデフォルト値を受け取る機縁となるものはありません。 従って、必ず私たち自身がプロパティを初期化しなければなりません。

<Property Id="LAUNCHPRODUCT">1</Property>

SampleCustomUI6 をビルドする前に、ダミーの .exe ファイルを何か実際に起動するものに必ず置き換えて下さい。

訳註:サンプルの日本語版 (Sample-8-1-CustomUI.zip) には起動するプログラムが同梱されています (実は最初のレッスンの日本語版サンプルから、ずっと、そうしています)。

そして、よくある不満について。そう、チェックボックスは透明の背景を持つことが出来ません。 ちょうど上に示した例のように、背景にビットマップがあると不格好な表示になります。 唯一の回避策は、チェックボックスの幅をボックス自体の実際の幅まで縮小して、 その隣に追加のスタティック・テキスト (これは背景を透明に出来ます) を置くことです。

↑ 先頭  |  • 目次  |  « 前へ  |  次へ »  |  ∗ 原文

Table of Contents

1 始めよう

  1. ソフトウェア・パッケージ
  2. 中に入るファイル
  3. 使用に供する
  4. 便利な追加機能
  5. どこにインストールするか
  6. 条件付きインストール
  7. ファイルだけでなく
  8. 削除時の孤児化

2 ユーザー・インタフェイス

  1. 最初のステップ
  2. カスタムの設定
  3. UI の魔法
  4. 英語はわかりますか
  5. チェーンの新しい環
  6. 地域化を考える

3 イベントとアクション

  1. 列に並んで
  2. 追加のアクション
  3. 本に書かれていないこと
  4. コントロールをコントロールせよ
  5. マネージする方法
  6. 後の段階で

4 アップグレードとモジュラー化

  1. 古いのを探す
  2. 自分自身を置き換える
  3. パッチワーク
  4. 断片
  5. 融合するもの

5 Net と .NET

  1. .NET の枠組み
  2. ブートストラップ
  3. インターネットを起動する
  4. ウェブ・ディレクトリ
  5. サービスの提供

6 COM、式の構文、その他

  1. 違う色のコンポーネント
  2. 式の構文
  3. 書式指定文字列
  4. DDE 接続
  5. ディレクトリの作成
  6. 複数メディアのインストーラ
  7. プログラムの追加と削除の項目
  8. 新顔のユーザー
  9. 環境に優しく
  10. XML
  11. COM+ アプリケーション
  12. バージョンごとに

7 SQL

  1. データベースを作成する

8 ユーザー・インタフェイス再び

  1. 一つだけのダイアログ
  2. チューニング・アップ
  3. 相互作用
  4. カスタマイズがいっぱい
  5. これが進捗ですか
  6. よく出来ました
  7. 法律用語
  8. 順番外
  9. 英語はわかりませんか

9 トランスフォーム

  1. インストーラを変形する

10 標準ライブラリ

  1. カスタム・アクションとユーザー・インタフェイス
  2. お静かに願います